2015年7月7日ウィーン日本人学校様にて講演をさせていただきました

ウィーン日本人学校2015年7月7日、七夕の日にウィーン日本人学校様にて講演をさせていただきました。

この日のウィーンは最高気温は36度を超える暑い日でした。そんな中、元気一杯でかわいい子ども達と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

皆、どんな大人になっていくのかとっても楽しみです!!またいつかどこかでお会いしましょう。それまで沢山の経験をしてかっこいい大人になってね!私も負けないようにがんばります。

また会う日までお元気で。
ウィーン日本人学校の皆さまありがとうございました!

ウィーン日本人学校ウィーン日本人学校

感想をご紹介させていただきます

生徒の皆さんから感想文が届いたのでご紹介させていただきます

  • 私達に、いろいろ教えてくださって、とても勉強になりました。
    特に、世の中にどれ位職業があるかです。私は、あまり知りませんでした。でも、話を聞いてこれからは、日本や外国の職業をたーくさん知りたいと思っています。いろいろ勉強になりました。ありがとうございました。
  • 私は実はあんまり自分が未来で何の仕事につこうかまよっていました。
    けれども先生が来てくださってスピーチをしていただいたおかげで、しやが広がってたくさんのことを学ぶことができ、自分の夢を見つけられそうです。
    本当にありがとうございました。
  • その時間で「働く」ということについて、深く考えることができました。
    私の将来の夢は、獣医です。私は、いろんなお仕事に興味があって「お仕事図かん」などの本で、職業について調べたりすることも好きでした。工藤先生のお話は、とても貴重で、私のためにもなりました。
    みんなも、心に響いたと思います。
  • いろいろなことがわかりました。
    どんな仕事でも人を助けるということがわかりました。おしごとがこんなにあるとは、おもいませんでした。
  • 七月七日に日本人学校へ来て私たちに働くことについて教えていただきありがとうございます。
    工藤さんが教えていただいたことは将来のために役立てていきたいです。遠い日本からわざわざ来てくださって本当にありがとうございました。
  • 私は今まで仕事について深く考えたことがなかったので、とても良いきかいでした。これからは自分のなりたい
    職業以外にどんな仕事があるのか調べてみたいと思いました。また、授業のときはすぐ「わかりません」と言わずに自分で考えることを大切にしていきたいと思いました。私は、勉強はあまり好きではないけど、これからはしっかり勉強して、自分の良い所をたくさんつくりたいと思います。
  • 私の夢は社長になることです。
    それを人に伝えると「何の社長になるの?」といつも聞かれます。それは私の中ではまだ決まっていません。これからゆっくり考えていこうと思います。
    それを考える上で半分以上の仕事が入れ替わっているなどのお話はすごく心に残っています。とても参考になります。ありがとうございました。
  • 私はまだ将来の夢が決まっていないのですが、いろいろな仕事を探し、自分のとくぎをいかしていきたいと思いました。そして、「わからない」というまえに考えてみたいと思います。
  • 私はまだ仕事について考えたことがあまりなかったので、先生のお話を聞いて、少しかもしれませんが、高校のその先が見えてきたように思えます。
    私が大人になったとき、どんな仕事があるかはわかりませんが、私が生かせる仕事に就きたいと思います。
  • キャリア教育をしていただいて、人は何のために働くのかや、夢を叶えるにはどのように考えたらよいのかなど、働くことについてたくさんのことを学びました。
    これから将来のことを考えていく中学生という立場にとって、とても勉強になりました。これからは、将来なりたいものに向かって努力をしつつ、仕事の種類の知識も広げながら、がんばっていきたいと思います。
  • ぼくは、働くということについてよく知っているつもりでしたが、今回のキャリア教育で、働くというのはお金のため、社会のためだけではなく、自分のためにでもあったことなどを初めて考えることができました。
    1番心に残っているのはマザーテレサさんが言った「人間の最大の不幸は貧しいことでも病気になることでもありません。自分は誰からも必要とされていないと感じることです」という言葉です。この言葉を胸に生活できれば良いと思いました。
  • とても貴重な体験でした。
    私も仕事を探すときに今よりもいろんなことを知って自分の可能性を広げていきたいです。
  • 「働く」という事や「気持ち」を教えてもらって、私は色々と学びました。
    私は考えもせずに「分かりません」と言ってしまう事や、他の人と比べて、私は…と思ってしまう事がありました。けれど、倫子さんの話を聞いて自分がどこかで必ず役に立っている「何だろう。何だろう」と思っていれば、必ず答えが出ると言ってくれて安心しました。
    また、どこで働けばよいのだろう、とあせっていたけど、ゆっくり考えれば良いという事が分かって安心しました。とっても良い話をありがとうございました。
  • ぼくは、最初自分がつきたい職業をするのは簡単だと思っていたけど、今ある職業の65%が変わってしまうと聞いて自分がもっとたくさんの仕事を知ったほうが良いと分かって、とても勉強になりました。
    さらにできないと言っているより、できる方法を探すというのも役立つ勉強になりました。
  • ぼくは、働くということをまだ考えていなくて小学生はまだ考えなくてもいいかなぁと思っていたが、今からが大切だと教えてもらいこれから少しずつ考えていきたいと思いました。
    それとついつい今までいってしまいましたが「分からない」は、たしかに頭で考えるのをストップしているように感じるのでこれからは、言わないようにしたいです。発言はできなかったけど、いい体験になりました
  • 七月七日にわざわざ東京からウィーンに来てくださり、ありがとうございます。
    いろいろと知らないことがあって、勉強になりました。「分かりません」て言ってしまっては、脳が考えるのをストップさせてしまうなど、私の分からないことがあり、少し難しい内容もありましたが、勉強になり、良かったです。
    最初、「将来の夢はあったほうがいいのかな」などと思い、少しあせっていましたが、ゆっくり決めていいんだと思いほっとしました。本当にありがとうございました。

Follow me!